ゲリラ豪雨(2)

この言葉を知ったのは、去年の夏、某国営放送の
「“ゲリラ豪雨” 日本の空で何が」
という番組でした。

去年、雷付の土砂降り、すごかったですよね。
私、電気消して、お水用意して、
冷蔵庫、強にして(停電してもいいように)、
それ以外の家電、ぜんぶ、コンセントから引っこ抜きましたもん

(最近は、地中深く、ケーブルを伝って、感電するそうです。
くわばら、くわばら)


そんな時、この番組を見て、”言い得て妙!”と納得しました。


今年は一回。
ものすごい、雷付の土砂降りに見舞われました(銭湯で。)
今年もあるのかしら。

そう思って、ゲリラ豪雨のことを調べてみると。


以外や、以外。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%83%A9%E8%B1%AA%E9%9B%A8


1970年代から、ある言葉だったそうです。
40年近く前から、
もう、こんな異常な天気が起こるようになっていたんですね。


そして、今のトーキョーは。
とっても、とっても、ゲリラ豪雨が起きやすいらしいです。


高層ビル群で温められた空気が上昇し。
海などから吹き寄せられる、湿った空気で冷やされ。

一気に天候が変化して、土砂降りの雨を降らせるのだとか。



今は梅雨の時期。
傘を持ってお出かけのこととは思いますが。
ゲリラ豪雨に遭ったら、どこかのお店に駆け込むのが、賢明かもしれません☆


(勿論、雨の日のお客様、大歓迎です♪)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック