飲酒で筋肉痛

こんにちは 羽鳥です

少量の飲酒ならともかく、大酒飲酒や毎日飲酒するのは

筋肉にとってよくないらしいです

原因

・アルコールの分解にはたんぱく質が使われます。

タンパク質は、筋肉を構成する重要な栄養素の一つです。

そのたんぱく質をアルコールの分解に回すために、

筋肉の成長物質(テストステロン)の分泌量が減少し、

筋肉の分解物質(コルチゾル)が増えてしまうため。

・アルコールを分解するのに体の水分が使用され、

脱水症状気味になります。この時、体内の電解質の

バランスが崩れるため。

・ビタミン不足。アルコールを分解するのにビタミンB、

特にB1が使われるようで、ビタミンが不足している状態で

飲酒すると神経障害が起こり、筋肉痛や関節痛のような

痛みが起こるようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック