コショウ効果

こんにちは羽鳥です

コショウは世界中で利用されている香辛料です。

○起源
・2500年前の紀元前500年代原産地のインド南西マラバル地方で
栽培されていました。現在はインド、インドネシア、マレーシアなど
が主な産地。ペルシャ人やアラビア人によって地中海沿岸各国へ
運ばれていきました。古代ギリシャでは医薬品として使われ、
ローマ帝国では金銀と並ぶ貴重な貨幣として使われていたと
いわれています。日本には、中国を経て伝来したといわれています。

○栄養素
・ビタミンB3、B6、E、K またカルシウム、鉄分、マグネシウム、カリウム、
リン、ポタシウム、亜鉛などのミネラルが含まれていて、ピリペンには
抗菌・防腐・防虫作用があります。

○効能
・ 抗炎症作用・消化促進効果・アンチエイジング(老化予防)
・免疫力の改善・健胃作用・抗腫瘍形成・がん予防
・心筋梗塞予防・心血管疾患予防・動脈硬化予防
・高血圧予防・殺菌作用

注)
・適量だと薬にもなり、量が多ければ毒にも成ります。
コショウは刺激物ですので取りすぎに注意して下さい。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック