春分の日

こんにちは 羽鳥です

今日は春分の日

太陽が春分点(天球上の赤道を太陽が南から北へ横切る瞬間の交点)

にくるため、昼夜の長さが等しくなる日と言えます。

その不思議な現象が古代の人の心を惹いたのではないでしょうか。

古来、人々はこの日を春の訪れを祝う日としていました。

それと同時に祖先に感謝をするお祭りを行い、この風習は農村部で

長く続いてきました。

明治時代、春分の中日を「春季皇霊祭」と定め、宮中において祖先を祭る日

となったのをきっかけとして、一般市民の間でも祭日とされました。

その後1948年に、古来から伝わる自然に感謝する日「自然を称え

将来のために努力する日」と法律で定められましたが、現在でも、

春分の日というと「お彼岸」のイメージが強く残っています。


『暑さ寒さも彼岸まで』と言いますが、この日を境に日が長くなり

暖かくなるので、春近しです

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック