柏餅

こんにちは 羽鳥です

五月五日、端午の節句に欠かせないアイテムの一つ柏餅

平たく丸めた上新粉の餅を二つに折り、間に餡をはさんで

柏 又はサンキライ(サルトリイバラ)の葉などで包んだ和菓子。

餡の種類は、つぶあん、こしあんの ほか、みそあん。


柏餅を包む柏は昔から神聖な木とされています。

この柏の木は新芽が出ないと古い葉が落ちないため「子供が

生まれるまでは親は死なない」、すなわち「跡継ぎが途絶えない」

「子孫繁栄」に結びつき、端午の節句の縁起の良い食べ物になりました。

柏の葉っぱは、植物繊維性で毒もないことから、食べてもいいそうです。


柏の木は、四国地方などの近畿圏以西では自生していません。

なので、代用として柏餅を巻く葉っぱは、便秘薬に配合されている

サンキライの葉などで包んでいたようです



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック