ひまわりの種の栄養・効果

こんにちは 羽鳥です

ひまわりは、紀元前3000年にはネイティブアメリカン(インディアン)

によって現在のアリゾナ・ニューメキシコ辺りで食用や染料、

医療用などに栽培されていた形跡があります。

ひまわりの種は中の仁を食します。


○種の栄養・・・葉酸、ビタミンE、鉄分、亜鉛、繊維、ビタミンB1、

ビタミンB6、ビタミンB12、マグネシウム、カルシウム、カリウム、

たんぱく質、トリプトファン、リノール酸(トナリン)など。

○種の効果・・・コレステロールを下げる効果、生活習慣病の予防、

改善効果、高血圧や貧血予防、脂肪を燃焼、若返りの効果など。

うつ病にも効果あるとか


一日スプーン一杯程度を食べ続けると良いそうです



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック