日本茶の種類③

こんにちは 羽鳥です

日本茶の種類続きです

茎茶

新芽の茎だけを抽出したお茶。中でも玉露や高級な

煎茶の茎は、「かりがね」と呼ばれて珍重されています。

地域によっては「棒茶(ぼうちゃ)」として販売されています。

独特のさわやかな香りと甘みが特徴です。

芽茶

芽の先の細い部分を選別したお茶。

高級茶の原料となるお茶から選別するため、

旨みを多く含んで、味が濃く出るのが特徴です。

頭(頭柳)(あたま、あたまやなぎ)

やや硬化した葉が柳の葉のように扁平に揉まれた

茶葉を選別したお茶。

苦味の中にほのかな甘味が特徴です。

粉茶

廻しふるいなどで選別された細かい粉だけを抽出したお茶です。

茶葉そのものが抽出液に多く含まれるので水に溶けない

有効成分を効率的に摂取することができます。

濃い味が特徴です。

水に溶けない有効成分

食物繊維やベータカロチン・ビタミンE

・クロロフィル・タンパク質など。

④に続く・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック