マンゴー効果

こんにちは 羽鳥です

世界三大果物の1つであるマンゴー

起源は4000年前、文献からインドで栽培されていたことは

明らかですが、近年の研究では原産地はミャンマー、タイ、

マレー半島であるという説が有力です。

日本では昭和初期に台湾から沖縄に移住した人が

持ち込んだのが始まりと言われています。

栄養素・効果

マンゴーの約80%ほどがほとんどは水分。

◎ビタミンA

主に視力の低下や疲れ目の予防に効果的です。

◎βカロテン

細胞を保護して生活習慣病や老化防止に効果的です。

◎ビタミンC

免疫力を高め風邪の予防になります。

抗がん・解毒作用。

メラニン色素生成を防止して美肌効果ありです。

◎ビタミンB1

筋肉疲労の回復、心臓機能を正常に保ちます。

中枢神経の働きを正常にさせ精神安定にも効果ありです。

◎ビタミンB6

健康な皮膚、髪、歯をつくり、成長を促進に効果ありです。

◎葉酸

神経細胞の代謝、成長を補助し、脳の神経伝達物質の産生を

促進します。肝臓、皮膚の健康維持にも効果ありです。

◎リン

カルシウムと結合して、骨の主成分となります。

◎食物繊維

腸を整え便秘を助ける。血中コレステロールや

血糖値上昇を抑える作用もある。

など、むくみ改善のカリウム、疲労回復効果のある

クエン酸も含まれている栄養豊富なマンゴー

実が青いうちはビタミンCの含有量が多く、

よく熟すほどベータカロチンの量が増えます。

美味しいマンゴーの見分け方は、色つやのよいものを選び、

シワや黒い 斑点のあるものは避けた方がよいそうです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック