クリスマスツリーの起源

こんにちは 羽鳥です

もうすぐクリスマス

街のあちこちで華やかなクリスマスツリーやイルミネーションを

見てはテンションが上がっています


クリスマスツリーの起源はドイツ。

由来には諸説あるのですが、ヨーロッパの厳しい寒さの中でも

葉を落さない常緑樹は永遠の命の象徴として尊ばれていたことで、

もみの木を花やろうそくなどで飾り付けることによって

木に宿る小人がとどまって力を与えてくれると信じられていました。


宗教改革で知れるマルチン.ルターが礼拝の帰りに常緑樹の間に

きらめく星の美しさに心を打たれ、子供たちのために再現しようと

家の中にもみの木を持ち込み、火のついたろうそくを飾ったことが

イルミネーションの由来となったという説もあります。


クリスマスツリーのてっぺんに飾られる星は、キリストが生まれた

ベツレヘムへ東方の賢者を導いた星を表しています。


クリスマスカラーと言えば赤と白と緑をイメージしますが、

赤はキリストの血で愛と寛大さの象徴、緑は永遠の命、白は純白を

意味するそうです







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック